時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.29

誇りを創り出すために

明日の開幕戦見に来てよ、と友達を誘ったときの話だ

「岡山にはプロ野球もJリーグもないから寂しいやろ」
「それが岡山じゃろう」

たぶん多くの人の意見だろう
やる前からあきらめてるのが、岡山らしいことらしい

友達が岡山に遊びに来たいといわれて、見所はどこ?と聞かれた
「大原美術館ぐらいかな?」と答えておいたけど他に誇れるものは無いんだろうか?

岡山の人たちだけで、Jチームを創り出すことが出来たらそれは、きっと岡山の誇りになるだろう。でも、今はやる前からあきらめてる人が多いように思える。
それでも、それを良しとせず、仕事が終わった後、その夢のために練習に励むヤツラがいる。冷笑と共に無視するのは簡単だろう。
でももし、やる前からあきらめるのがイヤだ!と思うなら
岡山の誇りが創り出されるのを見たいと思うなら
明日、桃スタに集まろう

11:00 Kick off!!
スポンサーサイト
2006.04.22

負けの価値

今年一番楽しみにしてた試合はCLの決勝でもなく、日本-ブラジルでもなく、ファジ-水島だったわけだが・・・
来年か~もう来年のこと考えないといけなくなるって早すぎね?

開幕まで1週間しかないわけで、今大事なのは切り替えしかない。
今期、負けられない戦いの中で、それでも負けてしまう試合が何試合かあるだろうと覚悟はしていたし、それはルーレットの親総取りのようにやってくるだろうとは思ってた。
それが、開幕戦前にやってきたことは、ラッキーだったと思うしかないだろう。これが開幕戦だったらと思うとゾッとする。

ヒーロ戦でも、SCD戦でも、なんかいやな勝ち方だっただけに、今日勝って、来週これが出てたパターンよりはマシ。
てー思いたい。思わせてくれ!
この負けがあったから今期があったんだなぁって思わせてくれ!

サポリーダーにこんなこと言われる試合ってどうなの?
川原選手がレッドくらったの速報で見て「一番クレバーなプレイしないといけない選手が、なにやってんの・・・」と思ってたけど、1レッド1マッコリぐらいが今のファジには適当なのかもしれんな、と思ったよ

チームを去る選手にも怒られるような試合だし、こんな堂々と出て行かれてクラブは悔しくないのか?
「条件がいいから」って言われてどうぞどうぞって送り出していいのか?こんな時期に親指ちぎられるように選手を奪われて、黙ってていいのか?
それで選手達に「勝利への執念がない」とか言えるか?

選手達も、「おまえなんかおらんでもJFL上がってやらぁ!」って言える試合をしたかったんじゃないんか?
悔しいよ。二重にも三重にも。

でも、切り替え切り替え。わかっちゃいるけど。
2006.04.16

ファジアーノ vs SCD岡山

久々の観戦たのしかった~!
システムはちょっとよく見えてなかったのですが
3トップぎみということでこんな感じだったのでは?と

------梁-----

----中川-川原---

--藤井-福森-乙倉--

翔太-朝比奈-高原-田渕

-----徳永-----

システム追っかけてるヒマなかったんでスミマセン。
観衆は200人ほど。公園の駐車場は完全に埋まってました

展開は、なんといいますか、SCDは守り重視でカウンターねらいというのが見えてましたが、しかしロングボール一本のカウンターでなくて、中盤を素早くまわして前線までボールを持ってくる、けっこうキレイなサッカーをしてました。
とはいえ、ボールの支配率はファジが圧倒してました。

だらっと書いてしまうと
1分 オフサイド
5分 右サイドに侵入を許すが、クロスはいれさせず
6分 20福森クロス、9梁シュート
6分 右コーナーキック
7分 左コーナーキック
11分 フリーキック
15分 左コーナーキック
21分 9梁シュート
21分 右コーナーキック

こんな感じで、中盤のパス回しが、相手のプレッシャーをうけつつも、DFラインでのボール回しのように流れるように回るのですが、なかなかペナルティエリアに入っていくことが出来ません。

31分に真ん中にぽっかり穴が開き、SCDのカウンターになりかけるもシュートは許さず
というぐらいで、失点の可能性も感じるプレイはナシ。

ボールは支配しながらここまでシュート3本とあまりに少なく、じれて自分が
「シュート少ないぞ!シュート打て!」
とヤジとばすと聞いてくれたのかw

36分 7藤井一シュート
37分 9梁シュート
40分 ?シュート
で、前半終了。天皇杯予選って40分ハーフだったって初めて知ってビックリでしたw

後半はその辺の修正も効いたようで、シュートラッシュ
これもだらっと書きますと
1分 左クロスをゆるす
2分 右クロスも合わず
4分 シュート
5分 SCD オフサイド
6分 SCDシュート、ちょっと危なかった
  左コーナーになるがクリア
9分 9梁シュート
10分 右コーナーになるが合わず
10分 右コーナーからシュート

このあたりからシュートラッシュ
12分 左コーナーからシュート
13分 左コーナーからシュート
13分 右コーナーからシュート
15分 フリーキックからシュート
しかしながら、どれも惜しいシュートにはならず
こうなるとファジも前がかりになるが、SCDもそのへんは狙ってる

22分、23分にSCDオフサイドを二度とられるが裏を狙う気だ
お互いが攻め合う形になってくると得点は生まれるものなのか
23分 9梁シュート
24分 9梁が左ゴール前粘って、右にふったボールを7藤井が決め、ゴール!!!!!

あとは、さらに余裕の出たファジがシュート攻勢をかけるが、SCDの粘りの守備の前で精度の高いシュートが打てず終い。
39分に35GK徳永の判断のよい飛び出しで防いだシュートシーンを除いては危なげない勝ちだった。
でも、失点をしてからのSCDの全員攻撃は前半とはまったく違い、迫力がありました。

チームもサポも、これだけ攻めてりゃ入るだろ~
みたいな雰囲気はありましたが、1得点だけというのは不満が残る内容。
中国リーグの下位チームも今期は当然、穴熊になってくる訳で、そこから1点もぎ取るのに、こう苦労してたらちょっと心配であります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。