時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.31

桃スタではあと2回

この週末には、また桃スタで試合があります
早いもので、今年の桃スタでのファジアーノの試合は、残すところあと2回。
まだ、桃スタでの試合を見れてない方は、この機会を逃さないようオススメします。

試合前には恒例となったスタジアムまで歩こう!が行われます

日  時:6月3日 9:30
集合場所:岡山駅西口

ちょっと早めですが、車では入れないので公共交通機関を使っての参加よろしくお願いします
スポンサーサイト
2007.05.28

アウェイwで快勝!!

ご来店頂いた皆様、ありがとうございました!

今日は少し余裕があれば、店を抜け出してゆくつもりだったのですが、忙しく、おそらく神崎山で公式戦をやる最後の試合を見れなかったのは、くやんでも悔やみ切れません・・・・

まあ試合はそれを吹き飛ばしてくれる内容だったようで、またも前半で5点!無失点!
文句の付け所もありませんw

だいたい、桃スタでいい試合をした後というのは、なんか気分がフワフワしてしまうのか、去年は苦戦する傾向があったのですが、今年のチームはそれは杞憂みたいですね。
まあ、あのロスタイムの失点で引き締まったのかもしれないですがw

この調子で、また新しくリーグを始めるみたいな気持ちでやっていってほしいです!

あと、ほんぶしん様、駐車場ありがとうございました。
2007.05.27

ファジ 2 DF丸谷 祐一

07/05/27 vsマツダSC
無失点
2007.05.24

圧勝と惨敗

最近レポが書けてないのは、試合中のメモがないからです
それに最近は昔にくらべてファジの試合を見れる人がずっと増えたから、月一しかみれない人間のレポも必要なかろうということもあって、レポはいいかな?ということです。

という訳で、ブログ名も変えました。

まあどうでもいいことですね。

とりあえず、ざっくり感想を。

■ファジアーノvsセントラル
よかった!
まるで、点をとる順番を決めてたかのように役者が点を取ってくれて、こちらはお祭り騒ぎw
前半で5点!それもセントラル相手で!
このサッカーが地域決勝でも出来るなら、自分としてはほとんど安心と思える内容でした。

まあ、失点が余計と言えば余計だったけれど、記録はいつか止まるもの。
その失点相手がセントラルだったのは、やはり流石というべきでしょう。

あとは、4-5-1のシステムをいかに完成させていくか、もしくは4-4-2を選択するのかというのが課題かな?と思います。

ただ、雰囲気はとても良かった。
メインのほうにも行ってみたかったです

■ベルvsベレーザ
前の試合とくらべてこちらは惨敗
点差もともかく、シュート0本というのはショックが・・・

ファジの勝利の余韻が吹っ飛ぶとまで言わないまでも、かなりテンションダウンしてしまいました。
試合後の挨拶で宮間選手は泣いていたとか。
無理からぬことです。

ベルも大量退団、加えてけが人続出という厄年のような年で、たぶん苦しいシーズンになることでしょう。
不運に負けず、けがにはマジで気を付けてがんばってもらいたいです。

しかし、ファジの試合でかなりパワーをつかって、ベルの応援は50%ぐらいの力でコールとか参加させてもらってたんですが、どうあがいても勝ち目の無い試合で、コールを絶やさず続けるというのは非常にしんどいものだなと改めて気づかされました。

ファジも上のカテゴリーにいけば、こういう打ちのめされる試合も待ってることでしょうが、そういうときこそ声だしをがんばらねばと思いました。

■業務連絡
つい半月ほど前から、カレーうどんが数量限定になりました。
多めに準備しておきますが、売り切れましたらご容赦くださいませ。
2007.05.18

5/20 桃スタへ!

再び桃スタへファジアーノが帰ってきます!

相手は前年勝ち点差わずか1で2位となったセントラル中国
アウェイでは0-5の大敗
ホームでは、逆転勝ちの2-1の相手
今シーズンの大一番です!

ぜひぜひ時間を作って、桃スタにかけつけて下さい

恒例となった、岡山駅西口からのパレードが今回もあります
ちょっと時間が早いですが、時間に余裕のある方は
こちらのほうにもご参加よろしくお願いします

集合場所:岡山駅西口
集合時間:9:30
9:30から、桃スタへ向けて出発します


14:00からは湯郷ベルvsベレーザの試合もあります
岡山サッカー好きなら桃スタへいくしか無い!!
ヴェルディ好きな方にも楽しめる一日になるでしょう
2007.05.10

佐川戦 バスツアーよろしく

GWの忙しさから、ようやく解放されて一息いれています。

さて、GWのファジの成績ですが、笠岡でブーイングがあったというのが物語ってるでしょうね。
記憶が正しければ、サポがファジアーノに対してブーイングしたのは今回が初めてのはず。
今のメンバーなら、こうした不名誉な記録でなくて、名誉ある「クラブ初の記録」をたくさん作ってくれると信じています。
たのむよ!!

ということで、次節の佐川中国戦はイヤが上にも気合いが入る一戦になります。自分は例によって念組ですが、足を運べる方はバスツアーがありますので、ぜひよろしくお願いします!

詳細はこちら

佐川中国は去年最終節で1-1の引き分けに持ち込まれた相手。
ぜひ選手達の後押しのためにご参加よろしくお願いします!
2007.05.08

強いことが正義なのか。弱いことは無価値なのか。

強いだけのチームが見たいのならバルセロナやチェルシーを応援すればいい。
そういう見方をしたい人を別に自分は否定するわけではないですが、それは自分の価値観ではないです。
サッカーに限らず、スポーツは残酷なまでに実力の優劣を現してしまうものです。
でも、以前も書きましたが、自分はスポーツの結果として現れる数字が絶対のものであるとは思っていません。
自分がスポーツをする人に魅せられるのは、限られた条件の中でその限界に挑戦する姿を美しいと思うからです。
だから、自分の中ではトヨタカップから少年サッカーまでその美しさの価値はほとんど同じなのです。

こういうことを書くのは、こちらのサイトで、もうログが流れてしまいましたが、「0-8で勝ってもまだまだと言ったことで選手が傷ついている」と言われたことがきっかけです。

確かに、0-8でまだまだと言われた日立笠戸の選手としたら「オレたちはボーリングのピンか?倒されるためだけに存在するのか?」思ってしまうのも無理ないでしょう。
その点、対戦相手への配慮は足りなかったかもしれません。
そもそも、前のエントリーは「勝って兜の緒を締めよ」的な意味合いで、ファジアーノの関係する人向けに書いたつもりのものです。
初めから対戦相手へ向けて書いたものではありません。

もちろんネットに書くなら誰が読んでもおかしくない訳ですけど、では誰が読んでも誰も傷つかない文章を書くべきか?
少なくとも、個人的にはすべての人に気を配って、毒にも薬にもならないことを書きたいとは思いません。

それと、対戦相手へのリスペクトという意味では、自分だけでなく、ファジサポは試合後、対戦相手へのコールを欠かしたことはありません。
それは、自分たちが勝ったときも負けたときも例外なくです。
あの地域決勝で敗れたとき、悔しくて悲しいときも心からのエールを送ってきたつもりです。
まあ、それが伝わってなかったということは、結局自己満足でしかなかったと反省しなければならないのかもしれません。


で、基本的に自分はファジに関係する人に向けてこれからも書いていきたいと思っていますが、もし、その日立笠戸の傷ついたという選手が目の前にいたらどう声をかけるか色々考えました。


0-8という結果に加えて試合を見ていない人間が何を言おうとイヤミにしか受け取ってもらえないでしょう。ならば正直に言うしかないと思います。

申し訳ないが、うちと日立笠戸には実力の差がある。
「だからくやしがるな」とも言えない。
4部とはいえ、このレベルでサッカーを社会人になってまでやっている人たちというのは生活のほとんどをサッカーに捧げている人たちでしょう。
言ってみれば「オレからサッカーをとったら何が残るんかなぁ?」というサッカーに賭けた人たちだと思っています。
それを趣味のサッカーだと言いたくありません。

それだけに、0-8というスコアに対しては、自分の存在価値を否定されたようなみじめな気持ちになったことと思います。
その上、試合も見てないクソサポに「まだまだ」とまで言われてはくやしくて仕方ないことでしょう。

「だからくやしさをバネにガンバレ」とも言えない。
限られた時間、限られた環境の中で、これ以上練習を増やすことが難しいのが社会人サッカーだと思ってます。
もうこれ以上がんばりようの無い環境で、さらにガンバレとは言えない。
ガンバッて見返してやりたいだろうけど、どうにもならない状態では、「くさるな」という言葉も言うことは出来ません。

結局、その傷ついたという選手に自分は何も声をかけることは出来ない。

ただ、知っておいてもらいたいことは、試合の後、どんな結果であろうとも、ファジサポは必ずコールを送るということ。

確かに、試合中は自分のチームのことしか考えてないし、審判にも選手にもブーイングするけど
その時のコールは、けして勝者のひやかしではなくて、心からのコールだということを知っていてもらいたい。


このカテゴリーの選手たちをバカにするということは、ファジをやむを得なく去っていた選手たち、仕事を変わってまで残ってくれた選手たちをバカにするのと同じことと思っています。
2007.05.06

ファジ 22 DF 臼井 仁志

07/05/06 vsレノファ山口
ゴール
2007.05.06

ファジ 24 FW 掛谷 悠

07/05/06 vsレノファ山口
ゴール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。