時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.29

約束の場所まであとすこし

微妙に手が震えるのがとまらない。


■ニューウェーブ北九州
1次ラウンドをグダグダでどうにか通過
という評価が一般的だろう。
だが、去年のTDKも一度自力通過が消えたあと、ねばり強く勝ち点を重ね予選突破。
そして、優勝候補のFC岐阜を初戦で破り、残り試合もPK勝ちという展開で、終わってみればTDKの優勝という誰も予想出来ない結果に終わった。

苦しい試合をモノにしたチームは、苦境にたっても自分たちを信じることができる。
おそらく、いままでのように開始数分で得点出来るような展開にはならないだろう。

■バンディオンセ神戸
JFLへの思いの強さで、うちに匹敵することが出来るのはこのチームだけだろう
予選リーグでの戦い方の評価は、堅実でつまらないサッカーだったという評価があったが、それは去年の経験からくるものだと思う。

去年の地域決勝で見たバンディオンセは、台風のような強風の中できっちりサイドチェンジを通してくるような正確で美しいパスサッカーを見せていた。
そのサッカーを封印してまで勝負にこだわったサッカーをしている。
上のような評価を見たとき、そら恐ろしい気分がした。

そして、バンディオンセにとって、うちとの試合はリベンジマッチになる
リベンジを返り討ちにすることが、非常に難しいことはサッカーを見てきた方はご存じのことと思う

■FC Mi-o びわこ Kusatsu
去年の全社、今年の西日本社会人、そしてMi-oの前身の佐川京都との練習試合等において、うちは勝てていない。
そして、個人的なことだが、自分のファジアーノ観戦歴の中で、唯一黒星をつけられたのが、FC岐阜だった。
そのときの監督である戸塚監督が、今回Mi-oを率いている。

実力的に勝てる相手だと信じているが、こことも厳しい闘いになるだろう。


以上のように非常に厳しい見通しで、決勝リーグを見ている。
どのチームもファジアーノにとっては強敵、難敵。

でも、1つ相手チームより、明かにうちの方が上回っている点がある


ファジはサポーターではどこにも負けねえ!!


ということだ

オレらの力で、選手たちを後押しして、絶対JFLをつかみ取ろうぜ!!!
スポンサーサイト
2007.11.25

ファジ 7 MF朝比奈 祐作

07/11/25 vsホンダロック
24分 ゴール
26分 ゴール

07/11/23 vsグルージャ盛岡
 0分 ゴール
26分 ゴール

07/10/21 vs佐川中国
43分 ゴール(弦巻)


07/06/03 vs日立笠戸
42分 ゴール(喜山・伊藤)

07/05/27 vsマツダSC
19分 ゴール

07/05/20 vsセントラル中国
ゴール

07/04/29 vsJFE西日本
ゴール×2

07/04/22 vs日立笠戸
ゴール

......more
2007.11.22

うまくまとまらないと思う

現在、テンションが一周ぐらいして
なんかホントに明後日に試合があるんかな~な感じになってきております。

地域リーグ決勝大会
1年目、破れはしたが大いなるものを手にした1年目
2年目、あと1点取れてれば、あと1失点を防げていれば・・・悔し涙にぬれた。そして別れ
3年目、チームは大きく進化をとげた。

いままで積み上げてきた思いの重み
その重みさえあればJFLへ行けるとは自分は思わない。

「岡山には夢がある」という言葉でここまでこれた気もする
けれど、これから先には

盛岡にも夢がある
宮崎にも夢がある

そのことを分かった上で戦わなければ上へ行くことは出来ないんじゃないかと今は思っている。

別に相手へのリスペクトが大事とか言いたい訳じゃない。

ファジアーノが勝つということ、オレたちが夢を掴むということは
相手の夢を叩きつぶすということなんだ。

相手の夢をためらいもなく叩きつぶし、その返り血を浴びる覚悟をしよう。
相手の思いを無惨に蹂躙しよう。

その先にJFLへの道があるのだと思う。

あと、
2年前、3千人の大ホーム、楽勝ムードのロッソ熊本サポを開始1分で黙らせたチームがあった。

1年前、優勝候補筆頭と言われたバンディオンセ神戸を3-1の状況から試合をひっくり返したチームがあった。

地域決勝では、特に初戦ではこういうことが起こりうる大会なんだということを、初めて行かれる方は覚悟していてもらいたいと思う。

我々はまだ、14分の1にしかすぎない。


でも、12/2に必ず、この歌を高らかに歌って、岡山に帰ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。