時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.11

天皇杯の意義

ファジアーノにとって天皇杯よりリーグ戦のほうが重要という話がある。

それは間違いだ!と自分は言いたい。


明日戦う甲府はJ2のクラブ。
今は格上と言っているが、来年には同じリーグで優勝を争う同格のクラブである。

もし甲府にこれ以上なく叩きのめされてしまったとしたら

それは、今のメンバーでは来年戦えないという証明になってしまう。


自分は今のメンバーで来年も戦いたい!
そのために勝ってほしい



そしてもう一つの天皇杯の意義

最近、うちのお客さんが、ファジアーノのことを口にし始めた
それまでまったく興味をしめしてなかったお客さんだったのだが、そのお客さんはたびたび

「今度のガンバとの試合はいつあるんかの?」

と言う。

ガンバと戦えるということはそれだけ意義があることなんだ
その人にとってJFLでいくら勝ち星を積み重ねても、J2のクラブと試合が出来ても価値はないが、ガンバと戦えることには価値があるということなのだ。


ファジアーノがJに上がるための条件はいくつもあるが、クリアが難しくかつ絶対に必要な条件が

・JFL4位以内になること
・岡山の有力企業のスポンサーを得ること

だと思っている。
1つ目は難しくともクリア可能な位置にいる。
選手達のがんばりには本当に感謝している。


でも2つ目の条件は、ここ数日の経済状況から自分は悲観的になってしまっている

でももし、ガンバとの試合で去年のホンダのような試合が出来たら、もしかしたら今まで否定的だった有力企業も振り向いてくれるかもしれない。

「ガンバとあの試合をしたクラブはがJに行けないのはおかしい」

そう岡山中が思ってもらえたなら、もしかしたら・・・・


そのためには甲府ではダメなのだ
甲府に善戦ではダメなのだ

甲府に勝たなくては、ガンバとは戦えない。


試合結果にクラブの経営的な期待をかけてしまうのは、正直選手達に重荷を負わせすぎと思う。

日経に5250万円という人件費予算が出ていたらしい。

5250万円÷33人=


それが今のファジアーノなのだ





サッカーの神様、どうか岡山に希望と勝利をお与え下さい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。