時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.26

三節終えて

普段はあまり解説系の更新はしないんですが3節終わったところで影山ファジの形が見えたように思います。
まあこれから毎節変わって行くはずだからあまり意味はないとは思いますが記録の意味で
敬称は略させてもらいます。あと文体もそれっぽく変えてみますw


------------------------
ファジアーノの攻撃の形が見えないって言うけど、西野がためて新中、岸田を走らせる形は見えてる。
ただ相手も承知してるから対応されてしまっているだけ。
福本やSBが絡めればきれいな形になる。

ただ、前の試合の反省から守備をしっかりしないといけないから、前半はあの形でよかったと思う。
むしろ課題は西野にまでのボールの運び方だろう

あと西野を経由しない攻撃パターンもないと苦しいが、これも喜山が入ることで解決出来るだろう
ただ新中が抜けるので、スピードで一期に突破する手は取りにくくなる

ユウスケの交代も意図は分かる。
サイドからボールを上げてそれに飛び込む攻撃パターンに切り替えろってこと。
西野のサイドネットの惜しいシュートはまさしく影山さんの意図通りではなかったか?
(ユウスケが警戒されていたのでおとりになり、田所が飛び込んだ)

この1点で勝っていれば、これが影山さんの言う偶然でない勝利になっていたはず

得点は少ないけど悲観することはないと思う。

去年はやってなかったDF、ボランチのパス回しからの押し上げ。
それに絡む小寺の成長
西野と岸田、新中のコンビネーション。

これらがキチンと深化して行けばケガしている選手の復帰を待たずとも去年以上のファジアーノが見れると思う。

以上

---------------------------

まあ大事なのは次の試合なんです!
遠い北の大地へ向かう選手、スタッフ、そして仲間達へのエールを今週末も最大限送って行きましょう!!


追記
キムテヨン選手の怪我が発表されました。
どれだけいい選手を取ってみても、怪我では活躍しようがありません

他にもけが人が多く出ているようで、練習環境の改善が本当に必要です
今日も、灘崎が優先使用できず、財田での予定が連日の雨でピッチが田んぼ状態で、神崎山に変更になったとか・・・
その芝を休めている神崎山も、冬場の芝の管理が十分でなく泥状態だったようです。
足場が悪ければ、当然けがの確率も増えてしまいます。

去年も浮上しかけの時にけがに泣かされました。
選手が練習でがんばれば、がんばるほど怪我の確率が高くなってしまうようでは、ファジアーノがこの先勝利していくのは難しいかもしれません
スポンサーサイト
2010.03.04

開幕に向けて今年の目標。2年後の目標

もうすぐ開幕ですね!
今年もファジアーノを通して多くの人が笑顔になれたらなと思います。

この時期には順位の予想がいろんなところから出てきます
ファジはだいたい18位か19位ですね・・・

自分としては、まあ予想したところでなるようになるしかないんで、あまり興味はないですし、だいたいよそのチームの戦力分析なんてしてもないんで予想の意味がない。

まあ、他サポさんと最終順位が上か下かでシーパスでも賭けるんなら盛り上がるかもですが
仲良し富山さんか北Qさんかのりませんかね?

ともかく、予想はいいけど目標は自分の中で決めておきたい


それは、13位!


中途半端な目標かもですが、それは「2012年に昇格を争う」という目標をクラブが掲げているからです

2012年まで、今年を含めて3年
去年、18位だったことを考えると単純に1年で5位づつ順位を上げないといけないことになる

2012年  3位
2011年  8位
2010年 13位

なので、13位という目標になるわけです
これはあくまで予想ではなく目標

クラブ、サポだけでなく岡山全体として必死にならないと達成は難しいだろうとは思います。
でも難しかろうとやっていくしかない

自分の勝手な読みですが、2012年という目標設定には裏目標があると思っています。


それは「絶対に降格しない体制を作ること」
「昇格を争える」=「降格争いに巻き込まれない」ということなんだろうと思います。


自分はファジアーノがJFLだろうが地域リーグだろうが応援をやめることはないと思いますが、そうでない人はまだまだ多くいるだろうことは確かだと思います。
強がってみても、カテゴリーが落ちるという衝撃を体感したことはないので、どれほどのネガティブなことが起こるのかは想像も出来ません。


2年後に、ほぼ確実にやってくる

「クラブの存亡を賭けた戦い」


それに打ち勝つための体制作りは、まさしく「100年続くため」に今まさに必要なことだろうと思います

去年13位だったカターレ富山ももちろん
ロアッソ熊本、横浜FC(今期は別チームみたいなもんだが)、栃木SC、ギラヴァンツ北九州
近いうちに昇格してくるだろう、鳥取、町田、松本

現実的にはこのあたりのチームに勝つ!最低でも負けないチーム作りが今年からの課題なんだと思います



もちろん、開幕に当たる愛媛FCもその対象の相手でしょう!



今年も開幕からけが人が多く、苦戦がしいられると思いますが
それも2年後、さらにけが人だらけ状態になっても戦っていけるための選手層を厚くするよい試練だととらえ、真剣に熱く楽しくやって行けたらと思います

本年もよろしくお願いします




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。