時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.29

虹の彼方に

愛媛FC 1-0 ファジアーノ岡山


試合後、愛媛の選手がこらえきれず流した涙
自分は共感してしまった

同情ではない

思い出さされてしまったから
クラブの存続を賭けて戦っていた時のことを


Jリーグに上がってから「この街にこのクラブがあること」を大切に戦ってきた
だから、負けたとしても自分はその負けを楽しむことができた

だが「この街にこのクラブがあること」を脅かす敵が現れたとしたら、自分はなりふりなんて構わず戦う
どんな手を使ってでも絶対に勝つ!


「愛するクラブが無くなるかもしれない」という恐怖との戦い

自陣ゴールをシュートがかすめるたび、自分の身の近くを銃弾がかすめたような恐怖を感じる
失点をくらえば、倒れこみたいほどの激痛を感じる
それでも、倒れるわけにはいかない
手拍子に上げた腕を降ろせない
跳ぶことをやめられない

自分の声が枯れているのかすら分からない



前節の試合、自分は選手たちのおごりとか油断はなかったと思う
ただ、戦いのステージが違っていた

「サッカーというゲーム」と「命がけの戦い」

というステージの差


昔話をしたい訳でも前節を振り返りたい訳でもない



次の試合のこと


夢をみるのは素敵なことだ
子どもたちにはみんな夢を持って、それに向かってがんばってほしい

でも、夢を掴むことはキレイ事ではない
他人の夢を叩き潰し、その土台にハシゴをかけて、初めて掴みとれるものだ

富山には残留してもらいたい
来期もあのチャントを歌いたい
でも、自分は次の試合に勝った後、「残留がんばって下さい」
なんて声はかけれない

そんな声をかけるなら、ウチが負けてあげればいいんだ
皮肉でなく、本気でそう思う

でも、そんなことをすれば、来年や再来年には逆の立場になってるだろう
勝負事ってそういうもの

一年目の富山の躍進や、昇格寸前まで行った徳島、J1から降格した福岡や山形の苦しみを見ていたら想像できる

今年、目の前にあるチャンスは今年だけのもので、来年同じチャンスが巡ってくるなんて保証はどこにもないんだ



富山は間違いなく「命がけの戦い」を仕掛けてくる

身につけたテクニック、戦術だけではそれに勝利するのは難しい
前の試合がそれを証明している

ならば、身につけたテクニック、戦術を100%出し切った上で、相手を上回る気持ちをぶつけない限り勝つことは出来ないだろう


勝利するということは、カターレ富山というクラブの命を削り取るということ
場合によってはクラブは消滅するかもしれない


それでもなお、勝ちたいのか?

他のクラブの夢や希望を打ち砕いて、恨みを買ってでも夢をつかむ
その覚悟はあるのか?


ファジアーノは、夢へ向かって進む資格はあるのか?


その答えはきっと、富山にある

IMG_1202_.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。