時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.26

本物のヒーロー

とやかく言う必要はないとは思うけど

全試合42節中、残り8節というのは
90分に換算すると、残り15分の時間帯になる


ファジアーノがファジアーノらしくあるのは
ファジサポがファジサポらしくあるのは
これからの時間帯、ここからのがんばり方次第なんじゃないかな?


ここから先は運否天賦の領域になると思う
正直逆転は難しいかもしれない
どれだけがんばっても、何事も起こせないかもしれない

だからこそ、
チームの好調に乗せられた状態でなく
チームが本当に苦しいときこそ、何を見せられるかが
本物かそうでないかを分ける時なんだと思う



北Q戦は負けても不思議じゃない試合だったし、勝っても不思議じゃない試合だった。
井上にやられた。
一点目は、井上が中に入ってきてフリーにしてしまったのが大きい。
後藤がまた抜きされたのも大きい。
そしてタダシがフリーの井上のところに飛び出したスペースを使われた

サッカーは三手先手を取られると失点する

二点目は中林が読みを外された。
一歩も動けずと思ったけど、一歩右に踏み出している。
巻いてくるボールをイメージしたのだろうけど、井上は同じキックフォームで左右に打ち分けられるのだろう

井上も、点を取り返した清水もJ1クラブの若手。
そういう選手がレギュラーをつかむことが出来ない


J1て恐ろしい世界だ


でも、川又はうちで活躍してから、J1に戻って平均以上の活躍を見せてくれている

その差は遙か遠くのようでもあり、紙一重のようでもある


シュートの決定率はJ1で8本に1本くらい
J2は10本に1本くらいの確率になる

小さな差のようで大きな差


北Q戦の前半、10本以上のシュートが打てたことは影山さんのインタビューから推察するに、プラン通りの出来だったのだと思う

ただ、10本打てば必ず入るというわけではないし、2本で2点ということだってあるのがサッカー
だから、10%の確率のサイコロを何度振れるか
その回数を努力で増やして、あとは運に任せるしかないのがサッカーなんだと思う



気休めかもしれないけど、北九州に前回負けたのはJFLの時代

時期も丁度、今くらいの季節だった
Jへの昇格へ向けての戦いの中、ファジアーノは夏場から勝ちきれない試合が続いていた

前の試合、MIO戦で喜山の劇的なFKでからくも勝利したファジは
北九州に破れ、とうとう昇格を争う鳥取に順位を抜かされてしまった


http://brigadekeichiku.blog.shinobi.jp/ニューウェーブ北九州/オレの屍を越えてゆ・・・かせない

当時と同じ気持ちを、今回の北九州のサポは抱いて臨んでいたのだと思う



それから最終節の富山で、鳥取が転けてくれたおかげで転がり込んだJリーグ昇格


今回もまたそんな幸運が転がり込んでくるとは言えない

でも、やってみなくちゃ分からないことって、たくさんある
今日も、練習見学でスタッフの人と話す機会があった

「観客平均1万人を早く達成したいね」
という自分に、スタッフの人が

「いえ、まず9千人です」

と言われた
まったく、そうなんだと思う
とにかく、やれることを焦れずに、ぶれずにやり切る

それしかないんじゃないかな?



最後に
またまたブーイング論がでてるけれども、したい人はすればいい。

することで強くなるなら、まあいいことなのかもしれないけど、自分はブーイングが怖いから走る戦うって選手は個人的に応援したいと思わない

自分は選手を操り人形のように思い通りに動かしたいわけじゃない
一人の人間として、個人的なヒーローとして応援したいんだ



千葉戦、よろしくお願いします




スポンサーサイト
2013.09.15

信じる力

自分がファジアーノを応援するときに一番大事にしていることがあります

それは、勝利を信じること

応援のスタイルはいくつもあっても、究極的にはそれ以外必要ない


信じるということは基本的には受け身な行為であって
これまでの実績、過去からの経験とかに大きく左右されてしまう

それを積極的に「信じる」というのはとても難しい

だからこそ、それをすることがサポーターの役割なんだと思います


選手たちは対戦相手とだけでなく、たくさんの不安とも戦っています
それらの不安を吹き飛ばすのはサポーターの役目


攻め込まれるたび、残り時間が少なくなるごとに、信じることは難しくなっていく
不安や疑念や諦めが、自分の中でムクムクとわき上がってきて
それに支配されてしまいそうになる


それでも、選手たちがただ目の前の敵を倒すことだけに集中できるように


万が一、選手たちが自分を信じられなくなったとしても
「お前たちが信じなくてもいい。その分以上にオレたちが、お前らを信じる。だから行け!」

そう選手たちに言いたい


勝利を求めるのでなく
勝利を祈るのでもなく
勝利を信じること


言葉にすれば


勝て!ではなく
勝って!ではなく
勝とう!ではなく


勝てる



勝てる

勝てるよ

絶対勝てるよ

お前らなら出来る

大丈夫

だから前へいけ

前の選手を信じろ

後ろの選手を信じろ

大丈夫

勝てる

何度だって奇跡は起こせる

勝てる

だから前へいけ

だから走れ

大丈夫

絶対に勝てるから

今まで練習でやってきたこと、試してみたこと

その全部を見せてみろ

そうすれば、絶対に勝てるから

絶対に勝てるから



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。