時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.08

一平くんのこと

「岡山は行きます∧( 'Θ' )∧荒ぶれ岡山サポよろしく」

サッカー界隈では有名な一平くんのツイッターで上記のような挑発的つぶやきがありました。
現在では消されています。

これをなぜ挑発的というか、事情を知らない人や第三者な立場の人には分かりづらいかと思いますし、説明してもどっちもどっちとしか理解してもらえないかもしれません。
なにより、マスコットに対して何をムキになっているやらと思われるかもしれません。

ですが、以前も同様なつぶやきをされたり、マスコットだからといえ一方的に言われてしまうのもシャクなので記録用として記させてもらいます



一平くんは代表のアウェーへ応援に行ったり、いろいろな所へ現れるフリーダムな存在として多くの人に愛されているマスコットです。

ただ、ファジアーノ側からしてみるとプライドオブ中四国の試合だからなのか
その荒ぶれっぷりはたいしたものなのです

P6020841.jpg
「一平くんです。
愛媛FCのマスコット的存在なのです。
カンスタへははじめての来場でした。
その容貌もさることながら、刀を振り回していて非常にアブナイ存在でした・・・
いろんな人に抱きついたり、小突いたり、乱暴者(蛙)でした。」
わんぱくなカエル?!


ScreenClip [61]


ScreenClip [62]


他にも聞いた話ですが、カンスタで

・座っていたら、背中を蹴られた
・子供を追いかけ回していた
・花壇に踏み込み、走り回っていた
・煮たまごを、放り捨てた

と、いうような荒ぶれっぷりを見せてくれました。
それを楽しんでいた人が多かったのもまた事実ですが、やりすぎだろうと怒っていた人も多かったのも事実です。

個人的には、例え模造刀とはいえ、刃物を向けられるのは不快ですし
うちの女子サポに、セクハラまがいのことをされるのも不快です。

「マスコットのやることだから、笑って許せよ」
と言う人もいるでしょうが、例えば全身網タイツをかぶった男に上記のようなことをされて許せるか?と。
何をかぶっていようといまいと、不快なものは不快なのです。



では、一平なんてマスコットはいらん!やめてしまえ!という主張をしたいのかというと、そういう訳でもない。

一般的にマスコットといえば人畜無害で、交流といってもいっしょに写真に写るぐらいなもの。
こういう暴虐無尽の荒くれマスコットというキャラは貴重な存在です。
ただ、模造刀でペシペシ殴られているのを、いつまでも笑ってはいられない。

例えば、
「子供を追い回していた一平くんが、いつのまにか相手サポに囲まれ追われる立場に。追われて転んで、足をくじいた一平くんが、タンカで退場。」

というような寸劇みたいな交流が一平くんならアリだと思うし、元々そういうキャラであったとも思うのです。



ただ、上記のようなことを現実に行ってしまえば

「一平くんが、敵サポーターに囲まれて追い回された。いや、暴行をうけた。」

というような話になってしまう。
そういった、構図の上で去年のトラブルは起こったのだと思っています


2012/09/23 ニンスタで、
愛媛サポ、岡山サポがもみ合いになるトラブルがありました。

当時の愛媛FCのサポーターサイトで以下のような記事がアップされました。
http://blog.curva-ehime.com/article/58545045.html

自分はこの試合には行っておらず、当事者ではありません。
残念ながら、上の記事はそのトラブルの具体的な詳細が書かれていません。

なので、これは自分が人から聞いた話を、自分の頭の中で整理したものです。


・メインスタンド側のエリア付近で、一平くんが太鼓を打ち鳴らしていた
  ↓
・それに対抗して、一平くんに向け指笛を吹き鳴らした
  ↓
・これを愛媛サポーターが「ひどい嫌がらせ」と主張
  ↓
・上記をきっかけとして、最終的にもみ合い状態に発展
  ↓
・トップ同士の話し合いにて場はおさまる



あくまで聞いた話なので、現場で起きたすべての出来事を網羅しているわけではありません。
もっと具体的な詳細は、現場に多くいた愛媛サポーターの方が詳しいでしょう。


愛媛サポーターサイトの記事では、具体的な事実はほとんど不明ですが、そのトラブルのきっかけが、一平くんをめぐるものであったという事実は双方合意できる点だと思います。

「ひどい嫌がらせ」が、人に対して指笛を吹くことなのか、人の背中をけることなのか、人にセクハラまがいのことすることなのか、煮たまごを放り捨てることなのか、模造刀で斬りかかることなのかは分かりません。

ただ仮に、一平くんが、純粋に一方的な被害者であったとしても
「岡山は行きます∧( 'Θ' )∧荒ぶれ岡山サポよろしく」

と、つぶやくということは、彼はまた同じトラブルが起こることを望んでいるのでしょうか?
いや、望んでいないからこそ、その後すぐに消したのだと思います。

なので、これ以上の追求はしたいとは思いませんが
一平くんの荒ぶれマスコットというポジションを維持したまま、みんなから愛されるキャラを続けていくために、もう少し考えて欲しいなと思います。




追記:

ちなみに愛媛サポーターサイトの「去年に続き2度目の揉め事」とは心当たりがあります。
おそらく、2011/07/03のニンスタでの試合ののちにネットで流れた噂のことでしょう。

「岡山のサポーターが愛媛のマスコットを蹴った」
というものです
これについては、おそらくその噂にあたる行為を自分は見ていましたが
結論から先に言うと蹴っていません


実際にあったことを箇条書きにすると

・スタグルメの広場でたま媛ちゃんと伊予柑太に会った
・たま媛ちゃんのはっぱをめくった
・伊予柑太がこちらにシャドーボクシングのマネをしてきた
・対抗して伊予柑太を蹴るふりをした
・後日、ネットで「マスコットが蹴られた」という噂が見られた


遠巻きにして見ていた愛媛サポには、蹴ったように見えたのかもしれませんが蹴ってはいません。
もし、あれを「蹴った」と主張されてしまうなら、こちらも伊予柑太に「殴られた」と主張せざるをえない

これもまた、マスコットと敵サポーターとの交流の問題でしょう


この件については当時は「しょせんネットの噂だ」と放置してしまいました。
これを放置してしまったことが今日の事態の遠因にもなったとすれば、自分にも責任の一端はあるかと思っています。



追記2:
一平くんの謝罪がありました

https://twitter.com/ippei69/status/390675285231677440


こちらに向けて、おふざけ無しで謝ってくれてます。
個人的にはこれを受け入れ、これ以上の追求がないことを望みます。

そして、一平くんが来ることを楽しみにしていた人も大勢いましたし、愛媛側との溝が深まらず、また一平くんがカンスタに来れるような環境が整うことを願います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。