時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.10

ジェフェを大好きだったきみたちへ

こんにちは。
ぼくは、きみたちより、ほんの少し長くジェフェの友だちをさせてもらってた人です。
きみたちに、ジェフェからのメッセージをあずかってきました。


そのメッセージをしょうかいする前に、すこしぼくの話をきいてください。

もう、お話をきいていると思いますが、ジェフェルソンはファジアーノをやめることになりました。
来年、スタジアムにおうえんに行っても、ジェフェはいません。

それはきみたちにとって、とてもかなしいことだと思います。
ぼくもとてもかなしい。
ジェフェだけでなく、ファジアーノをやめる選手の話を聞くたび、とてもかなしく、さみしくなります。
ずっとずっといっしょだと思っていた人との別れはとてもかなしい。

ジェフェのいないファジなんて
あの選手のいないファジなんて

そう思って、おうえんをやめたくなる人もいるかもしれません。
でも、そう考えることは、きっとジェフェや、やめていく選手たちをとてもかなしませることになると思います。

じつは、去年もファジアーノから選手がやめることがありました。
そのときは、選手たちの半分ちかくがファジアーノをやめるという大変な事件でした。
理由は、夜に練習していたのを、昼に練習するようにしたからです。
なんでそんなことで?と思うかもしれません。

選手のみんなは、それまで、昼に仕事をして、夜練習をしていました。
でも、昼に練習をするようになると、仕事ができません。

なので、選手たちは、泣く泣くファジアーノからはなれることになりました。


それが分かって、すこししてから、やめた選手と会うことがありました。
その選手は

「ファジのおうえん、やめますか?」

と心配そうに聞いてきました。ぼくは

「やめないよ!」

と言うと、ホッとした顔を見せてくれました。

やめていった選手は、みんなファジアーノが大好きだったのです。
だから、ファジのおうえんをやめると、きみたちが言ったら選手はがっかりするでしょう。
それは、ジェフェもきっとそうです。


それから、今度のことをきめたファジアーノのえらい人の悪口は言わず、どうかゆるしてあげてください。

この間のJFL昇格をきめた試合で、ぼくはそのファジアーノのえらい人たちともだきあって喜び、泣きました。
そのとき、あらためて分かったのは、去年たくさん選手がやめることになることをきめた、この人たちが一番つらかったんだということ。
それは、それをきめた時だけじゃなくて、1年間ずっと、つらく苦しい思いをしてきたんだということが分かったのです。

なので、きっと今度のことも一番つらいのはファジのえらい人たちだと思います。
どうかゆるしてあげてください。


長くなりましたが、ジェフェからきみたちへのメッセージです。
ポルトガル語で

NUNCA DESISTA DO SEU SONHO

意味は”夢をあきらめないでください”
071210_1703~001.jpg





ファジアーノの監督の手塚さんが、こんなことを言っていたそうです

「監督もかわる。選手もかわる。
かわらないのはクラブとサポーター。
だからすばらしいんだよ。」

その通りだと思います。

ぼくらの声では、ボールは1ミリも動かない。
スタジアムの風にさえおよばない。

夢をかなえてくれるのは、監督や選手たちにしかできません。
ぼくらは、本当にちいさなちいさなことしかできない。

でも、夢を見続けることは、じつはぼくたちにしかできないことなのです。



色紙をもらったとき、「ジェフェもあきらめるなよ」とぼくが言うと
あのいつもの笑顔で、ぼくと握手をしてくれました。


ジェフェ Obrigado 39
スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.57

初めまして。
突然のジェフェ退団に驚いている者です。
サガン鳥栖にいたときから応援しています。
23日のグルージャ戦でゴールを決めれなくて
「ごめんね」と言ってたのが最後です。
来年また日本のどこかでプレーしていることを
希望します。岡山にいないっていうのが相当ショックです。
2007.12.10-21:50 + 龍まま + URL + *edit

→ Comment No.58

はじめまして。ありがとうございます。
ジェフェはそのあと2ゴールして、ファジアーノをJFLに導いてくれました。
昨日、ブラジルへ帰ったようです。

ジェフェならきっとほしいというチームはあるはずです。
自分も日本でのプレーをまた見たいです
2007.12.11-00:22 + じゅんたろ + URL + *edit

→ Comment No.71

レノサポです。
JFLであの颯爽としたプレーが見たかったです。
ジェフェ!!ブラジルに帰ってもがんばれ!!
2007.12.15-11:47 + Luís ren + URL + *edit

→ Comment No.72

はじめまして。
私も、そして私の子供も、ジェフェがもうファジに居ないという現実を、まだ受け止められずにいます。

ですが、彼のことは決して忘れないし、どこでプレーすることになっても応援し続けたいです。
その為にも、子供にこのお話を読んで聞かせてあげたいと思います。

いいお話を・・・本当にありがとうございました。
2007.12.15-19:48 + ひらめ屋 + URL + *edit

→ Comment No.88

> Luís renさん
彼はまた日本に帰ってきてくれると思います
中国リーグをよろしくお願いします

> ひらめ屋さん
はじめまして。
ブログ拝見させてもらってます

来年はジェフェのことを知らない人もサポになってくれるでしょう。
そうした新しい人を受け入れ、かつ共に歩んだ人々を忘れないという精神が、あの巨大ダンマクの言葉の意味になっています。

お子さんが元気になれる一助になれば幸いです

来年はスタジアムでご一緒できるといいですね
よろしくお願いします
2007.12.16-23:15 + じゅんたろ + URL + *edit

→ Comment No.89

ひらめ屋さんから教えていただきました。
今日、6歳の娘に読んで聞かせました。
声を震わせながら読む私の声を娘は、神妙に聴いていました。うつむいて本人も辛そうでした。「どう感じた?」って聞くと「悲しい」と言いました。でも、ファジの応援はやめない。と言ってくれました。これで前に進めそうです。ACミランのセードルフ選手の姿をジェフェと重ね喜んでいました。
本当にありがとうございました。
2007.12.17-00:48 + のあはは + URL + *edit

→ Comment No.90

>のあははさん
はじめまして。
ブログ、拝見させてもらってます。

ホントは自分たちが、ジェフェになぐさめの何かをしてあげないといけないのに、と思いつつ無理を言って書いてもらいました。

機会があったら、色紙の現物を見てもらいたいと思ってます。
将来的には桃スタで誰でも見れるようにしてもらえたらなぁと。

しかし、セードルフですか。あんなふうに縦横無尽に走り回るジェフェを一度見てみたかったですねw

自分は浦和のワシントンに重ね合わせて見てました。

娘さんが元気になるよう、早く来シーズンが始まってほしいですね。
スタジアムでお会いしましょう。
2007.12.18-00:38 + じゅんたろ + URL + *edit

→ Comment No.94

コメントいただきありがとうございます。「FORZA!FAGIANO」にも載せていただき、どれだけの子どもたち(おとなたち)が勇気づけられたでしょうか!
早くスタジアムに行きたいです。今は、ファジアーノのために自分にできることを考えて行動しようと思います。来年もよろしくお願いいたします。
2007.12.21-23:44 + のあはは + URL + *edit

→ Comment No.95

ありがとうございます
JFLは開幕が早いからうれしいです

こちらこそ、来年もよろしくです
2007.12.22-00:00 + じゅんたろ + URL + *edit

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。