時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.10

TDK戦

あのとき、カズマサがいたら、どんな結果になってただろう

あのとき、あのロングスローを防ぐことができていたら、どうなっていただろう

あのとき、もう一点をとることが出来ていたら、どうなっていただろう


そんなことを何度も考えてきた。


たぶん、今いる選手たち会うことはなかったかもしれない。
あのとき届かなかったから、今があるのかもしれない。


TDK +5
岐阜 +3 +1
岡山 +3 +0
長崎 +1

二日目が終わって3位。
このときのJFL昇格枠は1.5

TDKに勝ちさえすれば、JFL昇格が見えていた。



熊谷での最終日に、ようやくあの日と同じ場所までたどり着いたと思えた。

昔語りがしたい訳じゃない。
熊谷で自分は、前のチームのことは忘れていた。

常に頭にあった、大分まで戦ったチーム
それが、あの日には、

「この目の前にいるコイツラがファジアーノだ!!」

と100%思えていた。

だから、今はレンタルだからとか、完全移籍してくれたからとか、昔から居てくれたからとか、新顔だからとか、岡山出身だからとか、県外出身だからとか、そんなことは関係ねー!!

ピッチにいる11人が、オマエラがファジアーノなんだ!!と思えている。

もちろん贔屓の選手もいるし、サブの選手も、控えの選手も応援してる。
けど、試合になったら、80%を11人に、20%をサブの選手に、なんて応援は出来ない。
100%を11人へ向けて応援してるつもりだ。

これはスタメンの選手だけを応援してるという意味じゃない。
1分でもピッチに立つ以上、君がファジアーノだ!という、サブや控えの選手に向けてのエールだと思ってほしい。

これは開幕前に書きたかったことなんだけど、なんかTDK戦とは話が離れてしまった。
昔のことばかり語ると、今は大事じゃないのか?とも取られちゃ困るので、こんな話になってしまったけど。


ともかくTDK戦。
今のチームはわからないけど、彼らは強いよ。
長崎戦しか見てないけど、その時のTDKは、守備において常に2対1を作り、パスコースを消すという非常に基本的で、かつ90分続けることが難しいサッカーを愚直に貫き通していた。

おまけに、体がごつくて当たり負けをする選手がいないので、まるで岩の間をくぐって前へ進むような感覚だったのを覚えている。

JFLで簡単に勝てる相手はいない、と何度も言われているけど、今回も厳しい戦いになるだろう。

でも、勝ってほしい
引き分けなんて、それも1-1の引き分けなんて絶対イヤだ!!
って思ってしまうのは、やっぱ引きずってるんだよな~
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。