FC2ブログ

時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.07

ファジアーノを愛する勇気と、今の自分を受け止める勇気

先日の応援の是非の件でいろいろ考えていたときに、こちらの文章に出会いました。
かなり多めですが引用させてももらいます。

http://www.counselingstyle.com/2008/09/post_532.html

----------引用始め-----------
「どうしたら、人を愛することができるでしょうか?」




こうい質問や悩みを持っている人は、人を好きになったり、愛することができないわけではなく、本当は「全身全霊、誰かを愛したい!」という大きな愛情を持っている人です。ただ、それがとっても怖いんです。




過去に「愛にまつわる出来事」で、傷ついたことがある人は、誰だって、愛することが怖くなります。その恐れを通り抜けて誰かを愛するのは本当に勇気がいることです。



「どうしたら、人を愛することができるでしょうか?」

という質問をする人に共通することは、それくらいの恐れを乗り越えてでも誰かを愛したい、幸せになりたいという思いがとても強い人です。 過去のカウンセリング経験からいえば、そういう人にとって、誰かを愛するということは、まさに、命がけ、人生をかけてるようなテーマであることが、多いです。

---中略---

「人生をかけて○○○をしよう」

と決意をするとき、それが結婚であれ、仕事であれ、人助けであれ、社会貢献であれ、誰だって怖くなると思いませんか?





そんなとき、意識的には、



「この結婚(仕事)に、本当に人生をかけてもいいんだろうか?」



と、相手(対象)が真実かどうか不安を感じますが、もう1つ深い意識レベルでは、



「私は、本当に、この結婚(仕事)に人生をかけて飛び込めるんだろうか? やり遂げられるだろうか?」

「私は、パートナーにふさわしい女性(男性)だろうか?」



自分に対して真実かどうか、不安と自信のなさが入り混じった感情を感じているのです。異性に対して批判的な目を持っている人のほとんどが、実は自分に対する信頼が持てないのです。誰かや何かを信頼できないとき、実は、私たちは自分自身への不信感を感じているのです。



別のいい方をすれば、それだけ、誰かを愛すること、最後まで愛情のある関係にコミットし、与えることを真剣に考えているとも言えます。そんな状態にいたら、誰だって失敗が怖くなりますから、不安を感じるのは健全な心の状態でしょう。





私たちは、どうでもいいことに恐れたり、不安になったりしません。自分自身にとって、そして自分の大切な人にとって、大きな変化、インパクトを与えるような行動をしようとしたときほど、怖くなります。それだけ、大切な想いや愛が深く、また、心から望んでいることでもあるからです。



そんなときは、自分の心の中にある、それだけ大きな愛につながり、愛を感じた状態で、あなたの直感に従って人生を生きてみて下さい。



「これだけの不安や恐れはあるけれど、誰かを愛し、共に生きて、自分もパートナーも、大切な人たちも含めて、私は幸せな人生を生きたいだろうか?」



この質問を自分にしてみてください。そして、直感的な答えがYesであれば、不安を抱えながらでいいんです。そのままの自分で、あなたが目指す幸せに進みましょう。





幸せへの途上には、色々な出来事が起こります。嬉しいこともあれば、悲しいこともあります。悲しいことが起こったときには、



「こんなことしなければ良かった」

「誰かを好きになるんじゃなかった」



そんなふうに感じることもあるでしょう。 多くの人が、こういう経験をして、失敗して心が傷つくと、そこで道を引き返したり、諦めてしまいます。





でも、そのときに、また、



「これだけの不安や恐れはあるけれど、誰かを愛し、共に生きて、自分もパートナーも、大切な人たちも含めて、私は幸せな人生を生きたいだろうか?」



この質問に立ち戻ってください。




私たちが幸せになるのは、誰かのためではありません。そして、誰かに幸せにしてもらうものでもありません。自分が幸せになりたいから、自分で幸せになるのです。パートナーができたら、二人の幸せに、二人で歩いていきます。それが、結果的に、自分やパートナーや大切な人たちと分かち合える「幸せの形」に磨き上げられるのだと思います。

----------引用終わり-----------
強調原文まま





後半ロスタイム

相手の最後のコーナーキック

あなたは恐怖に支配されるかもしれません。
その恐怖は当然の感情です。

でも、そんな時こそ選手たちを信じてあげて下さい。


1万の瞳が、あなたを不信の目で見つめていたら、おそらくあなたはその場に立っていることもつらいでしょう。
1万の瞳が、あなたを信じて見つめていたなら、あなたは自分の持っている力以上の力を手にすることでしょう。



ファジアーノを愛する勇気を

今の自分を受け止める勇気を

そして我がふるさと岡山の力を信じる勇気を




ホームでお会いしましょう
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。