時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.28

負けたあとにブーイングするべきか拍手するべきか

それはあなたが判断して、あなたが実行すること

あなたの判断で、私が行動することはないし
私の判断で、あなたが行動することもない

以上


というと話が終わってしまうので以下は自分一人の考えです
別にGATE10を代表してるつもりもない

水戸戦は現場で見てないので判断をひかえます。


さかのぼって富山戦の敗戦理由を自分は3つあると考えています。


一つ目
富山戦ではビッグフラッグが掲げられませんでした。
それは雨や風のせいでなく、広げられるだけの人数がそろわなかったから

Jの、それもホームの記念すべき初勝利の日にビッグフラッグが人数が足りずに掲げられないなんてあっていいはずがない。
逆に、あそこにビッグフラッグが掲げられないかぎりファジアーノがホームで勝つこともありえない。

あそこにいた人たちはファジの勝利を心から願っていたと思いますが、岡山という街がまだ本当の意味でファジアーノに勝ってほしいとは真剣には思ってないということでしょう。


二つ目
先制点を決めたとき、我々が喜びすぎたこと。
それも勝ちが決まったかのように喜んでしまってゲームに集中できてなかったこと。
選手たちは、札幌戦での喜びすぎを反省して、ゲームを早く始めていたのに、ピッチ上のこととスタジアムの雰囲気がマッチしてなかったことが、同点を許してしまったのではないか?と考えます。


三つ目
逆転弾を入れられたとき、バックスタンドで立って応援していた人の半数近くが座り込んでしまったこと。
その日はメインにうちの母親も来ていたのですが、「逆転されてから勝敗への興味が薄れてしまった」と言ってました。お恥ずかしい。

まあ、お客さんとして来たならそれでもいいかもしれないけれど、「自分はサポーターなんだ」という自覚を持っている人がその中にいたならそれはアウト。
サポーターとは12番目の選手だという言い方がされますが、それが建前でないとするなら、同じ選手なわけです。
たとえば、逆転されて選手の一人がピッチにへたりこんでしまったら、それこそブーイングの対象でしょう。

それと同じ。


3つともピッチでのことと全然関係ないじゃないか
そう思われると思いますが、試合の勝敗を左右出来ると信じる。
少なくとも試合中の90分間はソレを大まじめで信じてる人間がサポーターという人種です。

いや、人間と呼ぶのもおこがましい、キーキー奇声を上げてるサルです。

そうしたサルの立場から考えたとき、
誰が誰に対してブーイングするべきなのか?
誰が誰に対してブーイングされるべきなのか?

自分にはよく分かりません。

ただ、三つ目の件で
もし2点目を入れられてから、スタジアム全体が勝利を求めていたなら
別にドラムに合わせて声出せとかいうのでなく
「いけー!」「がんばれー!」「なにしとんじゃ!おどりゃー!」みたいに、とにかくスタジアム全体が火を噴くように苛烈に勝利を求めていたなら勝てた試合ではなかったか。

少なくとも、見に来ていた半数以上が勝敗を傍観してた時よりいい結果が期待できていたんではないかと今も思っています。

今、目の前にある勝利を強く望まないで、一週間後の勝利を望んだところで選手たちに説得力があるとは思えません。



自分はこれが正解という応援があるとは思っていません。

地域リーグ時代に歌われていて、役目を終えたチャントがあります。
JFL時代によく歌われていて今期はあまり出番のないチャントがあります。

選手のチャントは選手とともに移り変わる。

鹿島では大旗での応援が禁止になりました。

プレミアリーグでは観客はかならず席に着席して見ないといけないらしいです。

応援のスタイルも時とともに移り変わっていく。



でも、きっと100年たっても変わらない基本があると思っています。

それはスタジアムに通い続けること。


負け続けるなら、ブーイングを続けるためにスタジアムへ

勝っても負けても拍手をするなら、拍手をするためにスタジアムへ


今ファジアーノは最下位ですが、他クラブより優位に立てているのが観客動員数です。

浦和にも新潟にも弱い時代があった
けれども、その観客数が長い目でみれば今の実力を反映するものであったと考えています。

今ファジアーノは100年続くクラブになることを目標にしていますが、それは選手の実力うんぬんとは関係なく、今見にいっている我々がそれを100年続ければ確実に達成できる。

そう、我々がそれをすれば達成できるんです。


みんな、スタジアムに行きましょう。

拍手するために
ブーイングするために
泣いたり笑ったりするために




という自分が福岡戦がヤバイのですが・・・・・その分もみなさんよろしくお願いします!
スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.322

うちのブログで、某黄色いクラブの事をときどき紹介しますが、負け試合後の厳しいゴル裏の光景とともに、2部へ降格していきました。
その後、みんなで一心同体のファミリーとなって、1年で1部へ昇格しました。
もう、あの黄色い人達はこれから、どんな負け方をしてもブーイングで選手を迎える事はないと思います。たぶん・・・
2009.04.28-18:39 + Bmount + URL + *edit

→ Comment No.323

自分はブーイングが絶対ダメとは思ってないんですよ。
いずれブーイングをしなくてはならない時がくると思います。そのときが来なければいいですが

でも、そのブーイングする時がいつなのか
今だと思う人がいれば今その人がすればいいと思いますし、ブーイングは絶対しないと思う人がいればしないことを貫けばいいと思うのです
2009.04.29-17:46 + じゅんたろ + URL + *edit

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。