時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.12

ロック総統への返答 その1


まず、ネクスの集客論について、他にもアイデアはお持ちとは思いますが、

1.チケットを安くする(トップのゲームに来た人優先で)
2.3時間、6千人をその場に引きつけるイベントを開催する(フェスティバルなど)

提案は、以上ですね。


1.についてはクラブにもアイデアとして伝えてあることだし、
2.については、やらないよりはマシにしてもリアリティのある話ではない。
仮に千人を引きつける3時間のイベントをサポ主導で打てたとしたら、
トップの1万人チャレンジは簡単にクリアできるでしょうし、そちらに力を入れますわ。


前提として、あの試合の6700人はただの6700人ではない。
J2の中では多い方でも、今期のCスタでは最低人数で、
言い方を変えるなら、雨にもチームの苦境にも左右されない底から支える人達なんです。

あなたに褒めて頂いたサポの中でも選りすぐりの人達を捕まえて
煽ってみせても、怒りより「分かってないなぁ」と反応せざる得ない。


で、そういう人達が、残らない。
理由は単に意識だけの問題か?
意識が高ければ、全員が残るはずなのか?

そういうところから、議論は出発するべき話なんです。

例えば、あえて行かない人たちがいるのを知っている。
それは、ネクスが仮にトップと同数の観客がはいったら、選手の上に上がろうという意欲をそいでしまうから。
ファジにかかわる子らとして応援はしているが、地元のスター扱いするなら
トップに上がる前にチヤホヤしてはいけないという意見がある。


または、ネクスがない方がいいという人たちもいる。
若くしてプロになるなら高校生から違うモノを持ってなければならず、
遅咲きの選手の育成の場が、大学で何の問題もなく、
むしろ大学に進学するコースの方が選手の人生にとってよいという意見もある。


カテゴリ論に絞った話にしても、
これは単に、ウチだけの話ではなく、
代表を見る人がJを見ない問題や、
Jを見る人がユースを見ない問題や、
Jを見る人がなでしこを見ない問題と同じ構造でもある。

例えると、

「今回のぶらり旅で、せっかく岡山を訪れたのに、湯郷ベルもシャルムにもふれることがなかったですね。
それは何故なんでしょう?
サッカーへの愛が足りないからですか?
Jリーグだけがサッカーではないですよね?」

という難癖を、いかない人たちにつけたところで、
なでしこの動員に貢献できるとは思わないし、そういう事を言い出せばキリがない。
意識が変われば行動が変わるのは当然だが、
集客できない理由を人の意識の問題に落とし込んでしまったら、

「代表サポがJを応援しないのは意識が低いから」

という、そこから先に進みようがないタコつぼに落ち込んでしまう。


とは言いながら、カテゴリ差での動員差は純然と存在する。
宇都宮さんが嘆いていた問題が、ダブルヘッダーという比較対象が明確だから
より浮き彫りになって見えている話なんだと思います。

根拠はないが、他のクラブのセカンドチームが来年以降あらわれた時、
ネクスの集客はがんばってる方だという評価になるだろうと予想しています。


私が聞きたかったネクスの集客論は、そのカテゴリの集客の差をいかに突破するか?
そのアイデアを持ってないかな?という期待があって聞いていたのですが。

ちなみに、このカテゴリと集客の問題についての突破口は、
「甲子園」にヒントがあるのでは?と個人的には考えてます。
あまり語りすぎると脱線が激しくなるのでこの辺で。



ネクスが生まれたときから、上記のような議論の積み重なったうえに、いまのネクスがある。
ので、あなたの議論は周回遅れにしか感じない。


仮にその議論に参加してもらえるとしても、
キチンと具体的方法論にまで落とし込む段階まで参加してもらえますかね?

千人、2千人を3時間引きつけるイベントを開催するノウハウを
あなたは持っているのかもしれないが、それを伝授できるなら、
ホンダロックの集客のために尽力してもらえればいい。

距離的に無理なら、義勇軍となってくれた群馬に授けてもらえればいい。
そうすれば、うちの小川さんが頭を下げて、
そのノウハウを伝授してもらってJリーグに広めるでしょう。


まあ、上記ような、説明をするのにも、
あなたが言うように時間とエネルギーが必要だ。
それらの貴重なものを、
自分のために赤の他人が費やしてくれないことを嘆くなんておかしな話だと思いませんかね?


ということで、次回はあなたが「分かって無い」のは何か?
という返答をしましょう。



スポンサーサイト

COMMENT

→ Comment No.350

>1.についてはクラブにもアイデアとして伝えてあることだし、
>2.については、やらないよりはマシにしてもリアリティのある話ではない。
仮に千人を引きつける3時間のイベントをサポ主導で打てたとしたら、
トップの1万人チャレンジは簡単にクリアできるでしょうし、そちらに力を入れますわ。

わかった引き続きそうしたら良いだろう。すでに努力していると・・・

>意識が高ければ、全員が残るはずなのか?

全員と言わず今よりは残ると思っている。

>トップに上がる前にチヤホヤしてはいけないという意見がある。

>ネクスがない方がいいという人たちもいる。

そりゃあそうだろう。そういう人がいるのはしょうがない。
そういう人たちが一定数いるとは思う。


>意識が変われば行動が変わるのは当然だが、
集客できない理由を人の意識の問題に落とし込んでしまったら、
そこから先に進みようがないタコつぼに落ち込んでしまう

おっしゃる通りだ。ご指摘の様に私はそこしかやっていない。
しかしながら、それが私のキモであるのでしょうがない。
私はサッカーへの意識改革をそれぞれが行うことによって変わっていくと思っている。時間がかかるが一定数理解者が増えているから今のやり方を継続している。

クラブとして意識改革をどう打ち出しているのか?それはうかがいたい。

>根拠はないが、他のクラブのセカンドチームが来年以降あらわれた時、
ネクスの集客はがんばってる方だという評価になるだろうと予想しています。

私は逆で、根拠はないが、「FC東京」はもっとあると思っている。
ただし、大した根拠もない中、ファジが優秀なので、ネクスはもっと動員するのではないか?と期待したのであてにはならないが・・・

>このカテゴリと集客の問題についての突破口は、「甲子園」にヒントがあるのでは?と個人的には考えてます。

私もそう思う。

>ネクスが生まれたときから、上記のような議論の積み重なったうえに、いまのネクスがある。
ので、あなたの議論は周回遅れにしか感じない。

>それを伝授できるなら、
ホンダロックの集客のために尽力してもらえればいい

>義勇軍となってくれた群馬に授けてもらえればいい

結果を出していない人が口を出すなと言うならそれでいいだろう。ただな、他人が結果を出しているかどうかは、自身を振り返るにあまり必要は無い。
その中に聞くべき意見があるか無いかは、そこに興味を持った自身次第だ。
しかし、わかった。あなたは何もわかっていない上でネクスを非難したと。
オッケーだそれでいいだろう。
私は個人的な経験の中で、個人的な感想を言ったのだ。

>次回はあなたが「分かって無い」のは何か?
という返答をしましょう

次回、わかったそれを聞こう


2015.10.12-08:39 + ロック総統 + URL + *edit

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。