時々ファジサポblog

岡山サッカーレポーターblog改め

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.29

スタジアムはアクセスが9割!

まず、熊本の皆様におきましては、
余震が収まる気配も見えず日々不安な夜を過ごされていることと思います。
一日も早く今までの通常の日々に戻られることをお祈りするとともに、
微力ながら力添えして行けたらと考えております。

また、地震の被害から逃れていられる我々としては熊本への支援を可能な範囲できることを考えながら、
今まで以上に日々の生活を頑張って行かなければならないと私は考えています。




そういった訳で我らがファジアーノの話ですけれども、
勝ち点は去年と同じ点を、今現在稼いでいると言うことで、
このゴールデンウィークが勝負の分かれ目になってくる大事な時期になることと思います。

そしてもう一つのCHALLENGE1、1万人動員へのチャレンジ。
このゴールデンウィークが、我々にとっても言い訳のできない分かれ目の時期だと思います。

もう寒かったからとか、年度末で忙しかったからなど言い訳はできません。


去年からクラブスタッフの方々のガンバリが見えながらも、
なかなか超えることができない1万人。

なぜこの壁をなかなか突破することができないのか?
それについて私は1つ仮説を持っています。


私は過去に飲食業を営んでいました。
飲食業で言われている経営がうまくいく要素のうち、その7割が店の立地によると言われています。

夢のない話ですけれども、現実はかなり厳しいもので、それを くつがえせるようなお店はなかなかありません。

立地が悪くても儲けているお店はたくさんあるじゃないか、ということに対しては確かにその通りです。
そういったお店はお客さんの回転率が良いと言うことになるのでしょう。

回転率とは、席が10席しかないお店に100人のお客さんを、迎え入れることができた場合、
回転率は10回転したと言うふうに考えます。

サッカー観戦を商売として考えたときにこの回転率は基本1回転しか考えられません。
タイトルのアクセスが9割と言う表現があながち誇張では無いことをお分かり頂けると思います。

都会のクラブでは地下鉄や鉄道といった大アクセス網が充実しているので比較しにくいですが、
車社会の地方クラブにおいて、そのアクセスについての比較は容易なので
J2クラブを主に、以下のように調査をしました。

注目したのはスタジアム周りの駐車場台数です。
daisu.jpg
※試合当日に使用制限などあるとは思いますが、そのスタジアム施設の駐車場
および、徒歩9分以内のクラブ紹介の駐車場をカウントしています。
※平均観客数は2015年のデータ


これを駐車場1台あたりの観客数に並べ直したのが以下の表
daisu-2.jpg
このデータの観客/台数とは、駐車場1台あたり、何人の観客が来場しているかの数字です。
観客数では差がありますが、立地条件の差を考えると讃岐と岡山、どちらががんばっていると言えるでしょうか?
また、群馬も松本に肩を並べるぐらい努力していると言うこともできるかと思います。


数字だけ並べても分かりづらいので、グラフにもしてみました。
(下のグラフは、鉄道がアクセスの中心であろう、京都、C大阪、千葉、横浜、東京を抜いたグラフ)
daisu-gurafu.jpg

データが少ないのでバラツキはありますが、駐車場台数と観客数に相関関係があるのが分かると思います。
もちろん、駐車場があれば自動的にお客さんが来るわけではありません。

けれども、その中で岡山はスタジアムの立地が街中とはいえ、相当な数字を出しています。
逆に言うと、スタジアムへ自家用車、自転車、徒歩でのアクセスは限界値まで来ているのではないでしょうか?

と、仮定したなら、1万人を超えるためには、駐車場を増やすしかないのか?
あの立地にさらに1000台2000台という駐車スペースを作る余地はないように思います。
では、どうすればいいのか?

そこで目を向けるべきは清水だと思います。
清水のホームである日本平は駐車場500台としていますが、ホームゲーム時にはそのすべてが使用不許可になっており、アクセスの手段は、バスか近隣駐車場からのシャトルバスです。
しかしながら、シャトルバス移動の近隣駐車場は1420台。
http://www.s-pulse.co.jp/guide/nihondaira/access/

もう、言いたいことは分かってもらえると思います。
2000人の心あるサポーターが、積極的に北長瀬の駐車場を使用する。
もしくは自家用車でなくバスを使用する動きを作り出すことができたなら、
1万人突破は目の前だろうというのが、私の仮説です。

クラブとしては、清水のように、スタジアムへの自家用車のアクセスを禁止するというような思い切った手段は、現段階では取りづらいだろうと思います。車で来るなとは言いづらい。
これはサポーターから主導して流れを作っていくしかできないことだと思います。

ちなみにCスタへ行くバスは東口(スタジアム方面の反対)のバスロータリーから出ています。
bus_ro.gif

IMG_6810_1.jpg

IMG_6811_1.jpg
クラブもがんばって推奨しているようです。
時間帯にもよりますが、10分間隔ぐらいでバスは出ている模様。


1人が1人を誘って8千人が8千人を誘えば1万6千人になるかもしれませんが、なかなか難しい。
そうであるなら、ほんの少しスタジアムへのアクセス手段を変えてみる。
それもまた、一人一人が実行できる CHALLENGE1 ではないでしょうか?



蛇足な話ながら、広島のスタジアム問題。
広島みなと公園の駐車場は350台。拡張しても1000台は厳しいでしょう。
そこに3万人規模のスタジアムを作っても宝の持ち腐れになるだろうな、と思いますね。



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。